銀行のおまとめローンにはデメリットも存在します

おまとめローンを組もうと考えた場合、やはり金利の面で消費者金融より、できれば銀行から借り入れを行いたいと考える人が多いと思います。また金利の面だけでなく、消費者金融より銀行の方が高額の借り入れを行うことができます。

 

主な消費者金融のおまとめローンは300万円までですが、銀行では500万円や800万円までのところがあります。ですがこの銀行のおまとめローンには実はデメリットも存在します。それについて見ていきましょう。

 

銀行のおまとめローンは審査が厳しいです

銀行でおまとめローンを組む際の最大のデメリットは、その審査の厳しさです。このおまとめローンの審査の厳しさは消費者金融とは比べものになりません。消費者金融では融資額が高額になるおまとめローンの融資には積極的な面がありますが、銀行はそうでもありません。

 

実際におまとめローンを提供している銀行もかなり限られています。メガバンクと呼ばれる大手の銀行ではこのおまとめローンは扱っていないことでもそれが分かると思います。

 

おまとめローンのメリット

おまとめローンを組んだことによるメリットは、まず金利が下がることです。金利は借り入れ額が小さいほど高く、大きくなるほど低く設定されるものです。小口の借り入れを多く抱えている状態では、それらの借り入れに対して全てに最高金利が設定されていることがあります。消費者金融の場合、この最高金利は約18%です。

 

ですがそれらの小口の借り入れをまとめて1本化し、高額の1つの借り入れだけにすることで金利が下がることになります。100万円を超える借り入れになると、最高でも15%の金利になります。これは利息制限法で決められているので、100万円以上の借り入れに対して15%より高い金利を設定されることは決してありません。

 

これがおまとめローンを組む最大のメリットになる訳ですが、それ以外にも借り入れ先が1箇所だけになることで、返済の管理が複数の借り入れがある場合と比べて格段に楽になるいう点があります。これも結構重要です。おまとめローンのメリットはれれだけではありません。

 

この借り入れ先が1箇所だけになることで、返済の管理が楽になるだけでなく、振り込みで返済を行っていた場合はその振り込み手数料を軽減することができます。振り込み手数料も毎月数社ともなると、決して安くはありません。これもおまとめローンによる立派なメリットだといえます。

 

消費者金融がおまとめローンに積極的なのは?

銀行ではあまり積極的ではないおまとめローンですが、消費者金融でこれを扱っている業者では積極的に貸し出しを行いたいと考えています。それは融資金額が通常のキャッシングと比べて高額になる分、入ってくる金利額も多くなるという点と、更にこのおまとめローンによって複数の借り入れを1本化するということは、それらの借り入れ先から顧客を獲得できるということになるからです。

 

この2点から、消費者金融ではおまとめローンの審査だからといって、そこまでは厳しくなりません。おまとめローンを考える時点で他社からの借り入れが何件もあるのは当たり前だといえます。ですのでその借り入れ総額や件数は審査であまり問題になりません。問題になるとすれば、それらの返済状況です。

 

当然ですが、きちんと返済が行えるとは思えない人には融資はできません。おまとめローンのように高額の融資になる場合は尚更です。この今までの返済状況について、おまとめローンでは通常のキャッシングより厳しく審査される傾向があります。

 

ですが逆に考えた場合、借り入れ総額や件数はあまり問題にならないということです。借り入れ額が高額になるので…と躊躇する必要はありません。返済状況に自信がある人は、これらのメリットを受けるために積極的におまとめローンの利用を考えていいと思います。

 

どうして銀行はあまり積極的ではないの?

銀行が融資を行う際に一番気にするのは、きちんと返済してもらえるかどうかです。これはもちろん消費者金融でも同じですが、融資が高額になるおまとめローンでは銀行は消費者金融以上にこれを気にする傾向があります。銀行は特に消費者金融から顧客を獲得する必要もなく、それよりも返済がきちんと行われるかという点を重要視します。

 

通常のカードローンのキャッシングでも銀行は消費者金融より厳しく審査します。これがおまとめローンになると、尚更厳しくなる訳です。消費者金融の場合は貸す側のメリットも多く存在するため、返済状況以外はあまり気にしないことがありますが、銀行ではそうはいきません。返済状況に問題が無いのは当たり前として考え、それ以外の要素も大きく審査の結果に影響します。

 

このように銀行でおまとめローンを組むのは消費者金融よりかなり難しいと思ってください。ですが銀行で組めた場合は消費者金融より金利が低くなりますので、おまとめローンを考える場合、まずは銀行に申し込みを行ってみて、審査を通らなかった場合に消費者金融に申し込みを行っても遅くありません。

 

また逆にこのおまとめローンに他行と比べて積極的な銀行も少ないですが、存在します。オリックス銀行やイオン銀行、楽天銀行といった新興銀行がそうです。これらの銀行では消費者金融と同じく、他行や消費者金融から顧客を獲得することを優先に考えている面が伺えます。おまとめローンによる融資を銀行から受けようと考えた場合、まずこれらの銀行に申し込みを行ってみてはどうでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日