在籍確認が行われる理由

キャッシングやローンの審査には、在籍確認という項目が含まれているのが一般的です。これは、キャッシングやローンの申込み時に利用者が申告した勤務先に実際に勤務しているか否かを確認する、というものです。キャッシング等の融資商品では返済能力の確認の為に在籍確認が非常に重要なのです。

 

金融機関から借りたお金は、きちんと貸主に対して返済しなければなりません。その為、金融機関もきちんと返済できるだけの収入を得ている方に対してしか融資を行わないのが普通です。一般的な消費者の収入源は、やはり勤務先の企業から支払われる給与でしょう。申し込み時に申告した勤務先にきちんと在籍していることが確認されれば、ある程度安定した収入を得ていることが証明されます。

 

しかし、在籍確認が取れない場合は、返済能力が認められないだけでなく虚偽申告の可能性が浮上してきてしまいます。虚偽申告をすると審査に通過することが非常に難しくなってしまうので、勤務先の申告は正しく行うようにしましょう。

 

とはいえ、勤務先に対してキャッシング会社から在籍確認が行われるとなると、やはり多くの方は勤務先にバレるのではないかと不安に感じてしまうでしょう。しかしキャッシング会社からの在籍確認には様々な配慮がされているので、会社バレの恐れはあまりないと言えます。

 

在籍確認の方法

在籍確認の方法は、キャッシング会社によって若干違いがあります。しかし、各キャッシング会社では利用者のプライバシー保護にきちんと配慮がされており、在籍確認の際にも細心の注意が払われるようになっています。

 

キャッシング会社の在籍確認は、多くの場合勤務先への電話によって行われます。しかし、ここでキャッシング会社名を出してしまうと、高確率で勤務先にキャッシングの利用がバレてしまう恐れがあります。その為、キャッシング会社名は名乗らず、在籍確認の担当社員が個人名で電話をかけて来るのが一般的です。

 

在籍確認の電話がかかってきた際に席を外していても、基本的には問題ありません。電話を受けた同僚が席を外している旨を伝えておけば、その会話だけで在籍確認は完了します。キャッシング会社から折り返しの電話を求めるケースも、基本的にありません。

 

最近の企業の中には、従業員の個人情報を保護する為に不審な問い合わせ電話は取り次がないという対応を行っているところもあります。勤務先がこうした対応をしている場合、電話による在籍確認を行う事が出来なくなってしまいます。このようなやむを得ない事情がある場合は、他の方法で在籍確認を行ってくれるキャッシング会社もあるようです。例えば、勤務先から出されている給与明細や社員証等を提出することで、書類による在籍確認が行われる場合があるのです。

 

勤務先が基本的に電話を取り次がないという対応を取っている場合は、キャッシングの申し込みの際に電話以外の方法での在籍確認を申し出ておくことをお勧めします。電話による在籍確認を行ってから他の方法に切り替えると余計な時間が掛かってしまうので、スムーズな審査の為に、事前に必要な情報を伝えておく方が効果的です。

 

  • キャッシング審査では在籍確認は不可欠
  • 電話による在籍確認で会社にバレる心配はない
  • 場合によっては書類による在籍確認も可能

 

心配無用の在籍確認

勤務先への在籍確認は、キャッシングだけでなくクレジットカードの審査でも行われています。その為決して特殊なものではなく、過剰に心配する必要はありません。在籍確認が不安な方も、気軽にキャッシングに申し込みをしてみましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日