住宅ローンの利用は、プラスに働く場合とマイナスに働く場合があります。

住宅ローンを利用している人は、審査では不利になるということをたまに聞くことがあります。ですが、必ずしもそうとは限りません。

 

つまり、それがプラスに働くこともあれば、マイナスに働くこともあるということです。

 

住宅ローンを利用していることで審査の際、プラスに働く場合とは?

住宅ローンの利用でプラスになる場合というのは、銀行でキャッシングを行う場合で、例えば、A銀行で住宅ローンを利用していれば、同じA銀行でキャッシングを行う際にプラスになることがあるということです。

 

しかしプラスがあるということは、住宅ローンを利用しても、マイナスになることもあります、上記で住宅ローンを利用していれば、プラスになることがあるという話をしましたが、これは全ての人に当てはまるわけではありません。利用していてもマイナスとなってしまうのは、住宅ローンがまだ沢山残っているといった状況では、その分利息分が多くなり、毎月の支払いもそれほど楽ではないため、審査ではマイナスとなってしまうということです。

 

それに加え、住宅ローンの返済を遅らせたことがあるという場合も、審査では大きなマイナスとなるので、頭に入れておいてください。こういったことから、これとは反対に返済状況が優秀であれば、審査は非常に合格しやすいと考えることができ、つまり、住宅ローンの支払いを長期に渡ってきちんと行い、残高を着実に減らしている人であれば、審査では非常に合格しやすいということです。

 

これは、銀行にはクレジットスコアというものがあり、返済をきちんと行うことでこの点数が上がっていきます。そして、高いほど「信用できる人」と判断されますので、住宅ローンを利用していない人よりも信用されやすくなり、結果として審査でも合格しやすくなるのです。以上のことから、住宅ローンを利用している銀行と同じ銀行でキャッシングを行うことになった場合、それが良くも悪くも働く可能性があると言えるでしょう。

 

銀行ではなく、消費者金融でキャッシングを行う場合は?

先ほどまで銀行でキャッシングを行う場合において、住宅ローンがどう働くか?という話をしてきましたが、これとは別に消費者金融ではどうか?というのがここでの話となります。結論から言ってしまうと、先ほどと同じく必ずしもマイナスに働くとは限らないということです。

 

ですから、住宅ローンを利用していても、きちんと返済を行っていればプラスに働くこともあるということです。実は、銀行で利用している住宅ローンであっても、その返済状況については、信用機関に残されていますので、当然、消費者金融側でもそれを確認することが出来るのです。

 

そして、確認した結果、信用しても良いと判断されることによって、消費者金融でも利用者に合った範囲内の金額でキャッシングを行うことが可能とされています。つまり、住宅ローンの返済状況を踏まえて、消費者金融側では今回貸しても問題ない金額を割り出しているのです。

 

毎月の返済金額が大きいとマイナスに働く場合もあります

前述の話とは少し矛盾しますが、住宅ローンの毎月の返済金額が大きい場合、消費者金融ではあまりよく見られません。これは、毎月の返済金額が大きいことで、自分たちが貸し出したお金の返済まで手が回らないのでは?と判断することが出来るためであります。

 

事実、消費者金融でキャッシングを行おうとする場合や銀行で同じくキャッシングをするとなった場合には、必ず家賃について尋ねられることになっています。そして、ここでは自分の家の場合は、住宅ローンの金額、借りている場合はそのまま家賃の金額を教えることになります。

 

住宅ローンの返済金額が大きいことで、審査で不合格になることもある

返済を行っていることで、良く見られそうに感じますが、実際はそうはならず、審査で不合格となってしまうことがあるのです。

 

キャッシング金額にはカウントされない住宅ローン

銀行でもそうですが、消費者金融においても現在のキャッシング金額というのは尋ねられることになっています。しかしながら、今回の住宅ローンに関しては、キャッシング金額としてカウントしないところが多くなっています。これは、住宅ローンというのは、同じ借金でも、特別な意味合いを持つ借金と見られるためであります。

 

さらに言うと、クレジットカードにおけるショッピング枠の金額でさえ、キャッシング金額としてカウントしない消費者金融もあるそうです。これには賛否両論がありそうですが、ここでは住宅ローンはキャッシング金額としてカウントしないということをとりあえず覚えておきましょう。

 

住宅ローンをカウントしないもう1つの理由とは?

先ほど、住宅ローンはキャッシング金額としてはカウントしないということ話しましたが、逆にもしこれがカウントされてしまうとどうなるでしょうか?実は、消費者金融では総量規制が適用されるため、自身の1年間の収入金額の3分の1以上を借りることが出来ません。

 

ということは、住宅ローンを利用している人は、キャッシング金額としてカウントされてしまうことによって、その時点で既にアウトとなり、もう1円も借りることが出来なくなってしまうのです。それでは消費者金融としても困りますので、住宅ローンはキャッシング金額とは別に考えているのです。

 

こういった考えから、自動車ローンもかなり高価なものとなりますので、これもカウントしないことになっています。だからといって、何も考えずにローンを利用するというのは後々自分を苦しめることになる可能性もありますので、計画的に利用するよう心がけてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日