ブラックリスト入りにされるその原因

キャッシングの審査時には主にその個人に返済能力があるかどうかや、個人信用情報機関で過去に返済トラブルがあるかどうかのこれら2点によって、基本的に融資が可能であるかどうか判断されます。信用情報機関というのは日本においてはKSCとJICC、CICの3つが存在しており、ここでは主に個人のキャッシングやクレジットカードの利用状況を記録しています。

 

そしてキャッシングやクレジットカードの利用時に返済トラブルなどがあった際には、その返済トラブルが起きた情報がこの信用情報機関に記録されてしまいます。これによってキャッシングの審査を行うクレジットカード会社側は、他の金融機関に連絡を取って調べるといった事もなく、この信用情報機関の記録を元に個人の過去の返済トラブルを調べることが出来てしまうというわけです。

 

どうすればブラックリストに載ってしまうのか?

信用情報機関にブラックリストとして扱われる具体的な条件としては、例えば返済期限が過ぎていて何度も催促が来ているにも関わらず放置するなどして借金を踏み倒したり、債務整理をしたりするといった事などが挙げられます。

 

ただし返済期限は少しだけ過ぎてしまったけれどもきちんと返済は済ませていたり、このようなちょっとした返済遅延が1〜2回程度の場合であれば、ブラックリストとしては掲載される事はありません。(ただし返済遅延があったという事実は記憶されます。)

 

ブラックリストに載ってしまった時の影響について

借金の踏み倒しや債務整理などにより信用情報機関にブラックリストとして掲載されてしまった時のペナルティとしては、基本的にキャッシングやクレジットカードによるお金の借り入れが一切できなくなってしまうという事です。

 

こうなってしまえば本当にお金に困っているといった状況でも、ブラックリスト入りになる前のように新規でまたどこかの金融機関からキャッシングをすることもできませんし、使用しているクレジットカードなどの使用もある日突然できなくなってしまうというような事もあります。こうなると経済的にかなり制限を受けてしまう事になります。

 

ブラックリストは一生消えないのか?

信用情報機関にて一度ブラックリストに載ってしまえば、それから長い間はブラックリストとして記録されたままになりますが、永久的に消えないかといえばそうではなくある一定の期間を過ぎればブラックリストとしての記録は消えます。つまり一度ブラックリスト入りされたら二度とキャッシングやクレジットカードなどの利用が禁止されるという事はなく、一定の期間が過ぎれば使えるようになります。

 

このブラックリスト入りされてからその記録が抹消されるまでの具体的な期間についてですが、これに関してはケースバイケースで微妙に異なってくるものの、大体5〜7年くらい経てばその情報も消えると言われています。ちなみに任意整理の中でも全ての財産を処分して行うという自己破産に関しては、返済事故情報が消えるまでとりわけ時間がかかります。

 

信用情報機関への開示請求

信用情報機関の情報は金融会社だけでなく、個人でも開示請求を行う事で自身の記録を閲覧することが出来ます。閲覧するにはインターネットさえあれば、そこから手続きを行い手数料(500円〜1000程度)を支払う事で確認することが可能です。

 

これによって過去に返済事故などを行った事があるけれども、新たにキャッシングやクレジットカードの申し込みを行いたい場合でも、事前にその審査に受かるかどうかチェックすることができるようになります。審査に落ちないかどうか不安であるならば、その前に信用情報機関への開示請求を行っておくと良いでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日