審査ではチェックするポイントがいくつかあります

キャッシングを利用するためには最初の審査を通過する必要がありますが、実はいくつかのポイントがあります。

 

申し込みの当日でもできることがありますので、できることは行ってから申し込みを行いましょう。

 

借り入れ件数や総額をできるだけ減らしてから申し込む

キャッシングの審査を通らない理由で一番多いのは、他社からの借り入れがあることです。この借り入れ件数や総額を少しでも減らすことで、新規の申し込みの審査に通る可能性が少しでも上がります。これは例え1万円の返済だけでもそれなりの効果があると言えます。新規の申し込みを行う前に他社に1万円返済をしてから申し込むだけで、この人は少しづつでも返済する意志があると判断してもらうことができます。

 

もちろんそれだけで大幅に信用が上がることはありませんが、これをするとしないで結果が変わることもありますので、1万円だけの返済とはいえ甘く見てはいけません。借り入れ件数が複数ある場合、どこか1社を完済してしまうのが一番です。これを行うことで完済実績になりますので、大きく評価が上がります。

 

もし貯金や手持ちでどこか1社完済できるだけのお金がある場合、迷わず完済をしてから申し込みを行いましょう。こういった返済や完済を行ったというデータは、信用機関にリアルタイムに記録されます。ですので新規の申し込みを行う当日でも充分有効なのです。

 

借り入れを行う額とも相談にもなりますが、物を売ってでもお金を作って返済の実績を作った方がいい場合もあります。ですがそれを行っても確実に次の審査が通るとは限りませんので、大事なものを売ってまで無理に返済した方がいいのかは場合によります。

 

借り入れ希望額をできるだけ少なくする

当然ですが、希望額が少ないほど審査に通りやすくなります。キャッシング会社は貸し倒れになるリスクを一番嫌います。希望額が少ないほどそのリスクが下がりますので、これは少ないに越したことはありません。また場合によっては希望額より少ない限度額から融資が可能だと言われることがあります。例えば50万円を希望したのに限度額が30万円と設定されてしまったような場合です。

 

この場合は50万円を融資するには信用が足りないが、30万円までなら問題なく貸し出すことができると判断されたことになります。その額でも問題がない場合は素直に借りておいた方がいいと思います。キャッシングの審査はどこの会社でも同じようなシステムを使って行っていますので、それを断って他社で申し込みをしても50万円では同じように通らない可能性が高いと言えます。

 

大きい金額を希望した場合、キャッシング会社は貸し倒れの次に、返済を遅延される可能性を考えます。貸し倒れはもちろん困りますが、返済の遅延をされるのも困ります。融資が金額が大きいほど遅延する人が多いという統計も出ていますので、希望額が大きい場合はこの可能性があると判断されてしまうことがあります。

 

この場合も審査自体が通らない、もしくは希望額より下げた限度額での融資ということになってしまうかも知れません。この希望額より低い限度額に設定して融資が行われることは、実はあまりありません。審査はポイント制で行われていますので、その希望額ではほんの少しだけポイントが足りなかった場合に希望額を下げて再審査したような場合に限られます。ですのでレアなケースだとも言えます。全くポイントが足りなかった場合は問題外として、そういったことは行われません。そのまま審査に落ちてしまいます。

 

ですので最初から少ない希望額で申し込みをするに越したことはありません。本当に必要な額だけの申し込みを行って、少しでも審査を通過する可能性を上げることが大切です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日